FANDOM


Mr. Kliesen とは『鉄拳』シリーズに登場するマイナーなキャラクターでレオ・クリーゼンの父。彼は『鉄拳6』/『鉄拳6 BLOODLINE REBELLION』のレオのプロローグでのみ登場する。

レオのエンディングによると、Mr. Kliesen はまだ生きているという。彼はレオが子供のときに旅で行方不明になったと言われているが、彼の娘は父と同じように探検家になることを誓った。

トリビア 編集

  • Mr. Kliesen は『インディー・ジョーンズ』をベースにしているように見える。フェドーラをかぶり、ピストルと牛追い鞭を扱い、大きな岩から逃げている様子は、ハリソン・フォードがインディアナ・ジョーンズ役を演じた最初の映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』の類似イベントを参考にしている。Mr. Kliesen が木橋から落ちたレオを救うシーンもインディー・ジョーンズの2作品目の映画『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』のシーンに似ている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki