FANDOM


Emma Kliesen (エマ・クリーゼン) とは、『鉄拳』シリーズに登場するマイナーなキャラクター。彼女はレオの母である。彼女は『鉄拳6』のイベントの前に三島一八に殺された。

『鉄拳タッグトーナメント2』のレオのエンディングで、Emmaがかつて三島財閥で働いていたことが明らかになる。前述のゲームのスティーブ・フォックスのエンディングでは、Emmaはスティーブ・フォックスの監視を任された科学者であったことが明らかになる (他の科学者は彼のことを被験者NT01と読んでいる)。彼女は実験対象ではなく人間の少年として彼にかかわった唯一の人物であるが、本職とは関係のない行動をとったことから上司に叱られ移転してしまう。にもかかわらず、彼女はNT01は6歳で死んだと申告することでスティーブを助けることができた──実際には、彼は児童養護施設に身柄を移されている。

ギャラリー 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki