FANDOM



『鉄拳』(てっけん、Tekken)は、1994年にナムコ(現在のバンダイナムコエンターテインメント)から稼働された対戦格闘ゲームである。鉄拳シリーズの第1作目。

製品編集

  • アーケード版:1994年12月稼働開始(SYSTEM11)
  • PlayStation版:1995年3月31日発売
  • PlayStation2版:2005年7月21日発売(ナムコレクションに収録)
  • ゲームアーカイブス版:2011年7月6日ダウンロード販売

特徴編集

3D格闘ゲームの先駆けとなったセガ(後のセガゲームス並びにセガ・インタラクティブ)の『バーチャファイター』シリーズ(リリース当時は『バーチャファイター2』)が爆発的に普及する中で第1作目はリリースされた。四肢に対応させた4つの打撃ボタンや10連コンボ等の独特のシステム、そしてロボットや猛獣、格闘漫画の登場人物やアクション映画俳優のパロディキャラなどが入り乱れる個性的なプレイヤーキャラクターたちは、バーチャファイターシリーズが持つ雰囲気とは大きく一線を画していた。特に漫画チックなデフォルメの強いキャラクターデザインが特徴として押し出されていたこともあり、当初は色モノ扱いされていたゲームだった。 プレイヤーキャラクターは8名。各キャラクターのサイドストーリーに関係する中ボスキャラクターおよび最終ステージのボスキャラクター・三島平八は、先行のアーケード版ではCPUキャラクターとしての登場のみで、PlayStation版で初めて使用可能となった。 なお、PlayStation 2用ソフトの『鉄拳5』にはアーケード版が、『ナムコレクション』にはPlayStation版が完全移殖され収録されている。

本作からの主なシステム編集

基本的なシステムは鉄拳のゲームシステム を参照

10連コンボ編集

同時期の3D格闘ゲーム『バーチャファイター』にはない、通常のコンボとは別に用意されているキャラ固有のコンボ。決められたボタンを順番に押すことで最大10発までコンボが繋がる。キャラによってはこのコンボだけでパワーゲージ満タンの状態から勝利することができるほどの破壊力を持っている。

ストーリー編集

世界有数の財閥である三島財閥の頭首・三島平八が主催する格闘技大会「The king of iron fist tournament」。優勝者には三島財閥頭首の座と財産の全てが贈られる。この呼び掛けに応じ、世界中から様々な格闘家たちが参戦に訪れた。ある者は名声のため、ある者は復讐のため、ある者は己の野望を実現するため… 優勝は平八の息子・三島一八。彼は平八の亡骸を崖より投げ捨て、満面の笑みを浮かべるのであった…

登場キャラクター編集

詳細は個別のキャラクターページを参照

デフォルトキャラクター編集

ゲーム初期から使用可能

中ボスキャラクター編集

アーケード版では使用不可

ボスキャラクター編集

ゲーム動画編集

* PS 鉄拳 TEKKEN gamesample ナムコ 初代プレイステーション1 PLAYSTATION PS1 鉄拳106:17

* PS 鉄拳 TEKKEN gamesample ナムコ 初代プレイステーション1 PLAYSTATION PS1 鉄拳1

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki